銀河英雄伝説辞典

東京創元社
田中芳樹 監修 / らいとすたっふ 編
2018年3月23日初版発行 文庫判・434頁 本体1,100円+税
















銀河英雄伝説の最初の版が発行されたのは1982年、
5年後の1987年に本編全10巻で完結した。
もう30年以上も前のことなのだ。

私が初めて「銀英伝」に触れたのは、衛星放送で
連続放送されたOVA(オリジナルビデオアニメーション)で
その後に小説を読んだ。それも30年ちかく前になる。

2018年には、新たに作画したOVAが放送されているから、
いまでも間違いなく人気作品である。

SF作品で未来の軍隊がメインに来ることは
なくもないが、艦隊戦が描かれることは少ない。
さらには具体的な科学技術がある程度のリアリティをもって
描かれているから、著者が過去にそういった分野で
勉強したり働いていたりしたのかと思いきやそうでもなく、
ご当人はその点は自信がなくて比較的逃げた、と
巻末の対談に書いてあったのは意外であった。

銀英伝のOVAは、膨大な登場人物の差異を際立たせるため
可能な限り一人一役で声優を割り振った結果、
「銀河声優伝説」と呼ばれるほど多数の声優を背約した。
ある声優は声優協会の会合でもあるのかと思ったそうである。

それほどまでの人物造形と関係性の深さ、多彩さ、具体性が
この物語の魅力を高めているのは周知のことだが、
本書を読むと設定の細かさにあらためて驚かされる。

本編では、戦死するときに名前と一言二言の台詞があるだけの、
苗字しか出てこない人物にもちゃんと設定がある。
この辞典を読んでいると、主要な登場人物の魅力も
薄れはしないが、ちょっとだけ登場した人物の
描かれ方を確認したくて、もういちど文庫を開きたくなる。

上記の通り、著者は科学技術などは曖昧だと
自覚していたそうだが、それでも手を抜かずに勉強した
とも言っている。
感心を通り越して呆れそうになるほど深掘りされた
人物設定、人物の心理描写という大きな武器とともに、
こういう細密さこそが名作の条件なのかと再確認した。