漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日

素粒社
小津夜景
2020年11月5日初版第1刷発行 B6判・272頁 本体1,800円+税

















日頃から漢詩に親しむ人生ではなかったので
本書を読んで本当に驚いたが、
漢詩は日常生活にとても“合う”。

日々の生活の、こまかな発見や疑問、喜びといった
“他愛のないかけがえのなさ”のようなものが
最近ではドラマでも映画でも小説でも
主題になることが増えてきたが、そういうものにも
漢詩はぴったり寄り添っている。

実際には、通俗性・写実性ばかりが
漢詩で描かれる世界のすべてではないのだが、
なにしろ周代には原型があったぐらいはるかな時間、
連綿と受け継がれてきたものだから
詩風もいろいろ生まれているわけで、
なかには心に染み入る他愛のなさ、なんかも
できてくるわけである。

そういうことを、本書を読んで初めて実感できた。
現代詩も含めても、詩人の感情や感傷に共感し
感情移入したのは初めてである。

そうさせた著者・小津夜景さんの凄さ。

本書では漢詩を、訓読どころか書き下しにもしていない。
自由律詩に日本語訳しているのだが、
その詩そのものがもう素晴らしいのである。
原詩から感じる感情や情景に見事に添った詩になっている。
それらの詩と結びつくエッセイもまた、
情景が浮かび上がってその場にいるような、
文章の手本のようなエッセイになっている。


友人に一人、蘇軾(蘇東坡)が好きで
彼の詩で酒が飲める、と言っていた人がいて、
酒に弱く漢詩もろくに知らない私には
ちょっとわからない感覚だった。

本書を読み、その友人の存在のことを考えたら、
世界の日常は当たり前のように漢詩と共にあって、
無知で無教養な私一人がそうと知らないだけなのか、
と恐怖に駆られたぐらいである。

四十を過ぎてこんな驚きを得るとは思わなかった。
不惑にはほど遠い。