漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日

素粒社
小津夜景
2020年11月5日初版第1刷発行 B6判・272頁 本体1,800円+税

















本書では漢詩を、訓読どころか書き下しにもしていない。
自由律詩に日本語訳しているのだが、
その詩そのものがもう素晴らしいのである。
原詩から感じる感情や情景に見事に添った詩になっている。
それらの詩と結びつくエッセイもまた、
情景が浮かび上がってその場にいるような、
文章の手本のようなエッセイになっている。

こんなふうに漢詩を読ませてくれる、
深みのある詩を読んだのは初めてだと
思っていたが、大変な不見識であった。

「さよならだけが人生だ」というフレーズは
多くの人が聞き覚えていると思うが、
あれは唐代の詩人、于武陵の五言絶句
『勧酒』を、井伏鱒二が訳した詩だった。

勧酒

勧君金屈巵 君に勧む金屈巵(きんくつし)
満酌不須辞 満酌辞するを須(もち)ひず
花発多風雨 花発(はなひら)きて風雨多し
人生足別離 人生別離足る

コノサカズキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

友人に一人、蘇軾(蘇東坡)が好きで
彼の詩で酒が飲める、と言った人がいて、
酒に弱く漢詩もろくに知らない私には
ものすごい衝撃を与える言葉だった。

本書を読み、その友人の存在のことを考えたら、
世界の日常は当たり前のように漢詩と共にあって、
無知で無教養な私一人がそうと知らないだけなのか、
と恐怖に駆られたぐらいである。

そもそも詩自体をあまり読まないが、
こんなにも生活や風景に馴染むものとは
思っていなかった。

四十を過ぎてこんな驚きを得るとは。
不惑にはほど遠い。