さよならのあとで

夏葉社
詩 ヘンリー・スコット・ホランド / 絵 高橋和枝
2012年1月25日第一刷発行 四六判上製・120頁 本体1,300円+税

















ひとは二度死ぬ、という。

一度目は、心臓が止まったとき。
二度目は、その人との思い出を持つ人が、
だれもいなくなったとき。

だから忘れてはならない、と縛るのではない。
毎日毎秒、思い出さなくてはならない、のではない。

たった四十二行の詩の中に、
そのことを伝える一文がある。

 私はただ となりの部屋にそっと移っただけ。

見えなくても、そばにいる。気配がある。
だからときどき思い出せばいい。

 私のことをこれまでどおりの
 親しい名前で呼んでください。
 あなたがいつもそうしたように

そう、ときどき名を呼べばいい。