図案の手帖

株式会社 野ばら社
1993年11月1日発行 B6変形判・336頁 本体680円+税



動植物や昆虫、乗り物などを簡略化・デフォルメして
記号のような絵にしたものが、図案である。

デフォルメするには、鋭く物事を観察して、
特徴を捉えて抜き出し、それをバランス良く
再配置する作業が必要になる。
それはデザインそのものと言ってもいい。

センスのある人(じつに曖昧な言葉だ)が、
なんだかわからないけどオシャレっぽい絵を、
なんとなくサラサラッと描くこと、を、
デザインとは呼ばない。

デザインとは、よく観察して本質を見極め、
それを抜き出して具現化すること、だ。
図案もグラフィックデザインも建築も同じことである。

「絵に描くために対象をよく観察する」行為が、
すでに「デザインする」ということの一部になっている。

デザインもそうだが、なにかを生み出すとき、
アイディアも世界観も方向性も、
突然降りてきたり閃いたりはしない。

どこで知ったのか自分自身でも忘れてしまった
過去の観察や蓄積が、突如よみがえったのを、
降りてきた、閃いたように感じるだけだ。
なにしろ自分自身でさえ忘れていたのだから。

この本は手描きの古い図案を集めたものだが、
デフォルメの巧さに古今はない。
いま見ても、充分によくデザインされている。