世界はうつくしいと

みすず書房
長田弘
2009年4月24日発行 A5判・104頁 本体1,800円+税

















神に祈るようにして言葉を選び、
大切なものを飾るときのように慎重に丁寧に、
言葉を並べて文章を紡ぐ。
詩人とはそういう人ではないか。

私自身は、そうまで敬虔に、厳粛に
言葉を紡いではいないが、
ブログなどで文章を書く機会は多い。
自分に詩は書けそうにないと思いつつ、
詩にも文章にも共通するものはあると感じる。

平明で、率直で、確かな言葉を、
ひねくらずにきちんと並べるのが
美しい文章だ、ということである。

煌びやかに、艶やかに、飾り立てた言葉を使う必要はない。
文脈から外れた動詞や形容詞をわざと持ち出して
気取る必要もない。


 だから、カシコイモノヨ、教えてください。
 どうやって祈るかを、ゴクラクをもたないものに。
    (「カシコイモノヨ、教えてください」より抜粋)


帯にも抜粋されたこの詩の冒頭で、著者は
一日一日は冒険だというフランツ・カフカの言葉を引く。
ならば、日々の積み重ねである一生は途方もない冒険であろう、
その冒険を支えるにはどれだけの言葉が要るのか、と。

心を支えるために、ひとは祈る。
祈るとき、ひとは言葉を使う。
言葉が、神を持たない者の冒険を支える。

だから率直であるほうがいい。
もてあそんではならないのだ。