詩集 MANAGU [童眼]

リヴァープレス社
三上信夫 編
1998年1月1日発行 B6判変形・172頁 本体1,429円+税

















リヴァープレス社から発刊された同名の写真集と、
同じ著者による編。

昭和30年代、辺境の交通不便な地方の学校をまわり、
子供たちの勉強を見て、先生方と話し合って
子供たちが勉強しやすくなるように相談する、
それが三上氏の仕事だった。

そのなかで触れあった子供たちの書いた作文や詩を、
ガリ版刷りで文集や新聞にしたものを、
三上氏は学校からたくさんもらった。
そこから選んだのがこの詩集である。

 働いた手 ぶかっこうな手
 ちょっと見れば
 男と まちがえられる手
 たわしがけした 手
 ひびを きらした手
 骨が 太くなった 手
 一生 なおらない手
 薬がほしい
 骨までなおる 薬がほしい

当時中学3年生の、女の子の詩である。
とてもではないが、平静な気持ちでは読めない。
魂に触れる、揺さぶる言葉とは、たぶんこういうものだ。

いまの子供たちは、学校の授業でどんな詩を書くのだろう。
どちらが良いとか、悪いと言いたいのではない。
きっと、違う形で心を揺さぶられるだろう。
ただ、知りたい。いまの子供たちの言葉を。