マンガがあるじゃないか

河出書房新社
河出書房新社 編
2016年1月30日発行 四六判210ページ 本体1,300円+税

















読書家と名乗るほどではないが、
私も本を読むのは昔から好きである。

本を読むのが好きな人のなかには、
読書の中にマンガは含めない、と言う人もいるが、
私はその意見には与しない。

ストーリーの巧みさやキャラクターへの感情移入、
なにより、ファンタジーやフィクションであっても
人を引き込む説得力があれば、その作品は魅力を持つ。
文章であるのか、マンガであるのか、形式は関係ない。

ただ、巧みさ、感情移入、説得力といった魅力を
どう評価するかは、人によってだいぶ違うだろう。

本書で29人の様々な職種の人がそれぞれ挙げる、
影響を受けたマンガの中で、私が既読のものは
4作しかなかった。

他の25作品がつまらない、ということではなく、
私がこれまで選んでこなかった、というだけである。

次から次に生み出される小説でもマンガでも映画でも、
どれを選ぶかはもちろん好みにもよるし、
立ち読みや予告編でほんの一部を見た時にどう感じるかで
変わってくるのだが、あまり気乗りしなくても
見てみたらのめり込む、ということも間々ある。

実に、魅力の感じ方は人それぞれなのである。
他人との受け取り方の違いはいつも新鮮だし、
自分自身のことすら実は精確にはわからない。

その受け取り方の違いもまた、表現作品の楽しみの
ひとつなのではないか。
本書で紹介される未読の25作品にもそれを感じた。

本編のマンガの紹介もそれぞれに面白く、
これから読んでみたいと思うものが多かったが、
本編の間のコラム「マンガ販売の現場から」も、またいい。

マンガとひと口に言っても、どれだけ多くの人が
どれだけの気持ちを持って関わっているかが
より想像される。

表現の世界の奥深さは、簡単には掴めない。