のどがかわいた

大阿久佳乃
2020年3月20日第一刷発行 小B6判・160頁 本体1,300円+税

















若き詩人、大阿久佳乃さんの著書だが
詩集ではない。
大阿久さん自身が詩を読んで思い、
感じ、考えたことが書いてある。

率直で、飾らず、まっすぐにいま感じたように
心証を描く文章に引き込まれる。
まだかさぶたにならない傷口のような
赤っぽく痛みを感じるようも章もあり、
なんというか、少しまぶしくもある。

感想文が短いが、つまらないからではない。
この文章の、表現のしづらい感情の波は、
ぜひ実際に読んでみて感じて欲しいのである。

私の感性では、“瑞々しい”という手垢の付いた表現しか
出てこない。恥ずかしながら。